音乐推荐——《打上花火》(《升空的烟火,从下面看还是从侧边看》主题曲)

最近完全被八爷吸引了,一首是魔法未来的主题曲《砂の惑星》,一首就是这首《打上花火》,副歌部分超好听啊,尤其是第一句画面感十足:

パッと光って咲いた 花火を見ていた
啪的一声 光芒绽放 看到了烟火
きっとまだ終わらない夏が
那个夏天一定还没有结束
曖昧な心を透過して繋いだ
暧昧的心结被解开 再相系起
この夜が続いて欲しかった
多希望这夜晚能持续下去

期待大陆早日引进吧
附上假名注音的歌词,确实是一首很棒的曲子

bilibili: 《打上花火》

打上花火

DAOKO × 米津玄师

あの日见渡(ひみわた)した渚(なぎさ)を

今(いま)も思(おも)い出(だ)すんだ

砂(すな)の上(うえ)に刻(きざ)んだ言叶(ことば)

君(きみ)の後(うし)ろ姿(すがた)

寄(よ)りだす波(なみ)が足元(あしもと)を

过(よぎ)り何(なに)かを浚(さら)う

夕凪(ゆうなぎ)の中(なか)

日暮(ひぐ)れだけが通(とお)り过(す)ぎていく

パッと光(ひか)って咲(さ)いた

花火(はなび)を见(み)ていた

きっとまだ终(お)わらない夏(なつ)だ

暧昧(あいまい)な心(こころ)を透过(とうか)して繋(つな)いだ

この夜(よる)が続(つづ)いて欲(ほ)しかった

あと何度君(なんどきみ)と同(おな)じ

花火(はなび)を见(み)られるかなって

笑(わら)う颜(かお)に何(なに)が出来(でき)るだろうか

伤(きず)つくこと喜(よろこ)ぶこと

缲(く)り返(かえ)す波(なみ)と情动(じょうどう)焦燥(しょうそう)

最终列车(さいしゅうれっしゃ)の音(おと)

何度(なんど)でも言叶(ことば)にして君(きみ)を呼(よ)ぶよ

波(なみ)の选(えら)び

もう一度(いちど)どうどうどうどう

もう二度(にど)と悲(かな)しまずに 済(す)むように

ハッと息(いき)を饮(の)めば

消(き)えちゃいそうな光(ひかり)が

きっとまだ 胸(むね)に住(す)んでいた

手(て)を伸(の)ばせば触(ふ)れた

暖(あった)かい未来(みらい)は

密(ひそ)かに二人(ふたり)を见(み)ていた

パッと花火(はなび)が 「パッと花火(はなび)が」

夜(よる)に咲(さ)いた  「夜(よる)に咲(さ)いた」

夜(よる)に咲(さ)いて 「夜(よる)に咲(さ)いて」

静(しず)かに消(き)えた 「静(しず)かに消(き)えた」

离(はな)さないで 「离(はな)れないで」

もう少(すこ)しだけ 「もう少(すこ)しだけ」

もう少(すこ)しだけ このままで

あの日见渡(ひみわた)した渚(なぎさ)を

今(いま)も思(おも)い出(だ)すんだ

砂(すな)の上(うえ)に刻(きざ)んだ言叶(ことば)

君(きみ)の後(うし)ろ姿(すがた)

パッと光(ひか)って咲(さ)いた

花火(はなび)を见(み)ていた

きっとまだ终(お)わらない夏(なつ)が

暧昧(あいまい)な心(こころ)を透过(とうか)して繋(つな)いだ

この夜(よる)が続(つづ)いてほしかった

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注